告白と覚悟と店調整中のお知らせ

ざっかや にこり 投稿日 2016年05月27日

 

いつもお世話になっております。
あまり更新出来ていなくて申し訳ありません。
最近いろいろ思うところがありますので書かせていただきます。
店を始めたこと、店を続けてきたこと、苦しいこともたくさんありましたが店をつくって良かったな、とは感じています。やらないと分からない、いろんな経験をしました。心優しい常連さんや作家さん、お友達に出逢えました。 いろんなことがあっても、今やめるときではないのかなと思います。でも今までのやり方を続けていくのは難しいので、今少しずつ改革中であります。
生きていく以上、主婦であれパートさんであれ、みんな毎日忙しいのは当たり前ですよね。でも忙しくても夜は家族のものとに帰り朝までお子さんやご家族の側にはいらっしゃるかと思います。それが、その「当たり前のこと」が羨ましいと思うことも多々ある生活を送っております。
私は朝から朝まで24時間働くこともよくあります。年半分は出張に行き店を継続するために稼ぎ、秋田に戻ってこえば店の業務に追われます。去年は仕事を5つかけもちしたときもあります。愛する人にも2ヵ月に1回しか会えなかったり、正月、お盆もここ6年くらい出張のため家にはいません、そんな生活を送っております。

全然遊んでいない人生を過ごしていても、いろいろ責められることもあります。1人でできる範囲やキャパシティーを超える量の仕事はしていますが豊かにならない、経営とは難しいものです。

 

そこで少し立ち止まって、これから店として「どう」していくか。どうやって今までできていなかったことをしていくか。どうしていけばよりお客さんに喜んでいただける店になるのか、を今たくさん考えております。

 

オーダーをいただいても作るのが遅かったり、メール返信ができていなかったり、ブログ更新ができていなかったり、いろいろご迷惑をおかけしまして申し訳ありません。ご迷惑もおかけしていて大変な状態ではありますが、やはりまだ続けていきたい。そう思えるのはひとえに優しいお客さまがいて下さるおかげなのです。感謝申し上げます。

これから、出来ていなかったことをしていく為、もっと楽しい店にしていく為、ここ1~2ヵ月をかけて店の在り方やり方、それと店内を調整、改革、改善中です。

今のままで終わらせません。生まれ変わりますので気長に見守っていただけましたら幸いです。今までどうもありがとうございました。そして、これから生まれ変わるざっかやにこりをこれからもどうぞ宜しくお願いいたします。

 

2016年5月末日

2 responses .

  1. あとりえ 瑠璃絵 より:

    こんばんは
    告白と覚悟、心に響きます
    石川啄木は「一握の砂」の「我を愛する歌」で
    「はたらけど はたらけど 猶わが生活 楽にならざり ぢっと手を見る」
    と歌っています。
    「働けど 働けど 我が暮らし 楽にならざり じっと手を見る」
    私はこの歌に勇気をもらいました。

    • ご心配おかけしてすみません。心に響くメッセージありがとうございます。
      今どんどん良い方向に向かっていて、おかげさまで希望を失っておりません。
      いつも応援してくださりあろがとうございます^^

あとりえ 瑠璃絵 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top